2019年03月30日

札幌における様々な子育てのサービス①

今まで子育てをしている方々にお話しをうかがってきましたが、CASE6の白取さんは子育てのサービスをくまなく使っていて、とても参考になることが多かったです。

その中で気になるサポートをリスト化し、リンクを張っていきました。

====

病後児デイサービス

病気回復期にあって、集団保育が困難な生後5カ月から小学校6年生までのお子さんを、勤務などの都合により家庭で保育することができない保護者に代わって、市内6か所の専用施設で、一時的に保育します。 看護師や保育士などの専門スタッフが、お子さんの健康状態をチェックしながら、保育、服薬の介助および給食の提供などのサービスを行います。

※利用にあたっては事前登録が必要(緊急で利用が必要になった場合は、実施施設へ相談)

※働きながら仕事をすると決めている場合には、出産前に上記の利用登録をしておくのがよさそうです。

 

さっぽろ子育てサポートセンター

さっぽろ子育てサポートセンターは、子育ての支援を受けたい人(依頼会員)と援助したい人(提供会員)により会員組織をつくり、地域や会員相互で子育て家庭を支援する仕組みです。

札幌市の行っているサービス「さっぽろ子育てサポートセンター」と同じ活動

札幌市社会福祉協議会が問い合わせ窓口。

上記のリンク先は別ですが、活動内容は同じです。

 

札幌市こども緊急サポートセンター

こども緊急サポートネットワークは、急な発病や緊急を要する子どもの預かり等を希望する人(依頼会員)と援助したい人(提供会員)が会員組織をつくり、市民同士の助け合いの精神を基に、子育て家庭を支援する仕組みです。

 

んぐんぐまーま(双子の会)

「んぐんぐまーま」は、「んぐまーま」に集まる双子と三つ子の親子が立ち上げた多胎児親子の会です。

双子、三つ子などの親子が月1回札幌大谷大学短期大学部子育て支援センターに集まって、みんなでおしゃべりしたり、情報交換したり、木のおもちゃで遊んだり、お弁当を食べたりしてのんびり過ごしています。

 

====

働きながら子育てするうえで必要なサービスはその人のニーズに合わせて出てくると思います。生活の上で悩みがあった際には自分ひとりで抱え込まずに、行政やNPO、地域などのサポートを調べてみるのが第一歩かもしれません。自ら一歩歩みよってみることで、働くこと、子育てすることに勇気が出てくるかもしれません。

 

 

 

2018年08月05日

【Research】子どものことを真剣に考えてつくったら、 大人も一緒に楽しめる百貨店になっていた

7月初旬。

gurumiメンバーが訪れたのは、札幌駅直結のさっぽろ東急百貨店5階のベビー・子ども服 玩具売り場。gurumi内で「東急百貨店の子ども服売り場はちょっと違うんだけど、どんな想いが詰まってるんだろう?」ということが話題になり、さっそく担当者に会いに行ってきた。

対応してくださったのは、営業推進部 販売企画 広報担当マネジャー 阿部祐子さん。子ども服フロアを担当した後、現在はさっぽろ東急百貨店全体の広報を務めている。

2018年3月・さっぽろ東急百貨店45周年に合わせたリニューアルによって、5階のベビー・子ども服 玩具売り場も一新した。

リニューアル前に、店長が育児をしながら勤務している従業員を集めてランチミーティングを行っていました。そのミーティングでは、子どもフロアの使いやすさや巡りやすさなどを親視点で伝えてくれ、アイディアがたくさん出てきたんです。」

百貨店としては異例なフロアのど真ん中に子どもたちの遊び場をつくろう。というアイディアもこのミーティングから出たアイディアだった。

「百貨店としては、売上がある場所ではあるのですが、フロアの真ん中に遊び場があると、どこからも目が届いて安心感がありますよね。そして、子どもたちが遊んでいると”良い空気の動き”があるんです。」

たしかに、大抵のデパートの子どもの遊び場はフロアの端っこにあり、子どもと親だけの空間になりがちだが、東急百貨店の遊び場は周りの従業員のかたたちの温かい視線のなかで子どもたちが遊んでいる。しかも、ボーネルンドがプロデュースしたプレイスペースは子ども心をくすぐるデザイン。この遊び場と共に成長過程が見れるのも面白いかもしれない。

そして、なんといっても通路が広い!

ベビーカーがぶつかる心配もないし、広いので、座れるエリアも大きい!乳幼児のお子さんと一緒に来た場合、おんぶ紐から解放したり、少し横に休憩させたりと、使うイメージが沸いてきます。

「改装時のテーマが”ホーム”でした。長時間居ても疲れない家みたいな空間。三世代で遊びにきても、休憩できる場所が多いとお買い物を待てますよね。リニューアル前からあったカフェもお子様向けのメニューを作ってくれていて、親子で休憩できると人気です。」

カフェの隣にある「ベビー休憩室」も広くて綺麗。授乳室、おむつ替えスペース、ミルクをつくるための給湯器、シンク、ベビーフードの自動販売機、電子レンジ、そして、イートスペースまで完備されている。まちの中にこういった場所があるというだけで、乳幼児のお母さん、お父さんは外出してウィンドウショッピングでもしてみよう。と思えるのではないだろうか。そんな私自身も同じ気持ちだ。

この東急百貨店の5階フロアで一番の特徴は、なんといっても2017年4月に開園した「保育園」があるということ。さっぽろ東急百貨店・いちい保育園 プロジェクト「さっぽろ駅前保育園」は<東急百貨店で働く従業員のお子様>と<保育の利用を必要とする近隣地域のお子様>の他、<東急百貨店と契約している他企業従業員のお子様>が利用できる「企業主導型保育事業(認可外保育施設)」。月極保育と一時預かり(予約制)がメインで、月極保育の対象は生後2ヶ月~2歳児。定員は19名となっている。(一時預かりは1歳児~就学前の6歳児)

限られたスペースの中で、こどもたちと保育士さんが過ごす様子はもちろん普通の保育園と変わらない。ただ、百貨店の中にあることで、屋上で運動会を行ったり、百貨店にやってくるサンタさんが保育園にやってきたりと面白さがある。

「百貨店という場所を生かしながら開店前には屋上で遊べるよう調整してくださったり、イベントにも園の子ども達が参加できるよう工夫してくださるなど、一緒に子どもたちにとってより良い保育環境を考えてくださるので、とてもありがたいです。」と園長の藤川先生は言う。

降園後は東急のお惣菜売り場で夕飯のおかずを買って帰る~という家族の姿も少なくないとのこと。働くお母さん、お父さんにとって、まちなかに、そして百貨店内に保育園があるからこその楽しみかたもあるかもしれない。

さっぽろ東急百貨店の5階には、子どものことを真剣に考えてつくられた機能やスペースがふんだんにありました。子どもが楽しんでいたり、子どもに無理をさせていないという状況は、親としては気を楽にしてショッピングも楽しめます。百貨店は”買う”場所から”過ごす”場所に変化しているのだなと実感した1日となりました。

 

 

【こんな場所もある!】

●さっぽろ東急百貨店屋上「なかよし広場 FIELD」

走り回ることのできるトラックやすべり台がある遊び場には、土日になると多くの親子連れが訪れる。また、赤ちゃんのスペース(ハイハイできるエリア)や飲食スペースなどもあり、子どもの成長によって遊べるエリアがあるのが嬉しい。

●5階の子ども靴売り場

ファーストシューズから記録をとり、成長を見守りながらその子に合った靴を発見できる。子ども靴の品ぞろいは札幌市内最大級。プロのシューフィッターが居るので相談しながら選べる。

5階フロアのお手洗い

子ども用のお手洗いが、男女共に完備。お父さん、お母さんどちらについていっても、子どもたちも親も安心して使える。嬉しい発見です。